なごみちゃや日記
はなさく和み会では、サンシップとやまで、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方達を支援する方の憩いと集いの場=コミュニティ・カフェ「なごみちゃや」を開いています。「なごみちゃや」で、ゆったり、のんびり、ほっこり… ぜひおいでくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近また体調を悪くしていて、ブログの更新も滞りがちになっています。季節の変わり目には今までの疲れがどっと出てくるのかもしれませんね。

10/25、Sさん宅での開催は、親子関係が話題の中心となっていました。
親からの拘束は、あくまでも子を思ってのことであるのですが、それゆえにかえって葛藤が生じるとこじれてしまいがちになります。
そういう話を耳にするたびに、私は、人間というものは不可解なもので、どの人も必ず何か弱い部分、醜い部分を持ちながら生きているものだと痛感します。でもそうした部分こそが、愛情の生じる源なのではないかと最近私は思うようになっています。

親子の間ではどうしても、相手に対する要求が大きくなり、「なぜ分かってくれないの?」という不満が大きくなります。けれども、そうした葛藤がないと、人間関係は変わってきません。
本来、家族の間のかかわり合いのかたちも、時を経て変わっていくのが自然です。それを、何か一定の「理想的な家族関係」があるかのように、虚しく追い求めていくことが誤りなのではないでしょうか。変わらないのは戸籍上での続柄だけで、家族の構成員はそれぞれ、昨日とは違う今日を生きながら、明日に向けて(ある場合には「成長」であり、ある場合にはそれが「衰え」と感じられるにしても)変化を遂げていくものです。
家族関係に限らず、すべての人間関係はそれに応じて少しずつ変化していきます。私たちは一回限りのこの関係を、生きていかなければなりません。そして、この関係自体は、良し悪し・優劣のない、固有の人間どうしによって育まれる、全く固有のものです。

私たち夫婦で言えば、新婚1年目にして私のうつ病のせいで、夫婦関係としては最悪の滑り出しでした。けれども、今振り返れば、それは私たち2人が真のパートナーとなるための「最良の」試練でした。
そして娘が生まれ、娘の成長とともに、再び幾度もの葛藤を経験しました。
今、私たちは3人の間柄として、また大きく変わっていきそうに思います。元気のかたまりである娘によって、私たち夫婦は教えられ、触発され、成長してきたと誇りとともに言うことができます。
そして私たち3人は、それぞれおかしなところを持ちながら、それゆえに朗らかでいることができます。
愚かしさも、他人を貶めないものでさえあれば、限りなく愛しいものなのです。
スポンサーサイト

プロフィール

はなさくなごみ

Author:はなさくなごみ
はなさく和み会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちは、NPO法人エッセンスクラブの「ピア・サポーター研修」受講生の中で、コミュニティ・カフェを開きたいという想いをもった仲間で結成した会です。
かつてエッセンスクラブの「癒し茶屋」で癒され、前に進もうと活動してきたメンバー、そんな人たちを支えたいとピア・サポーター講座で学んできたメンバーが、力を合わせて運営していきます。
主に富山市の「サンシップとやま」で、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方たちを支援する方の憩いと集いの場「なごみちゃや」を開いています。

どこかに出かけたいな、と思った時に、気軽に立ち寄っていただけるよう、和やかな場を創っていきたいと思います。
ぜひ、「なごみちゃや」においでくださいませ。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。