なごみちゃや日記
はなさく和み会では、サンシップとやまで、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方達を支援する方の憩いと集いの場=コミュニティ・カフェ「なごみちゃや」を開いています。「なごみちゃや」で、ゆったり、のんびり、ほっこり… ぜひおいでくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/2
久しぶりの開場とあって少し不安もあったのですが、この日は初めてお越しくださった方もあり、本当にありがたく思いました。私たちは、私たちの活動の趣旨からも、決して声高な宣伝をしないように努めておりますが、そんな中でも時折お問い合わせの声を聞くことがあります。
「どのような場所なのですか?」と。

「場所」というものは、今の時代には必ず明確な用途・目的が求められがちです。「なごみちゃや」にももちろんそれはあります。
少し謎めいた言い方を許していただければ、なごみちゃやの用途・目的は「扉をあける練習」です。中に入ったらどうなるのかな、とか、何か特別なことを求められるのか、などをまったく気にせずに、入ってきていただければと思います。
扉をあけることは、時には勇気が必要なこともありますから。

私は家庭教師をしておりますが、初めてのお宅に伺うときには、いつもどきどきしながら扉を開けます。家庭教師ならばもちろん、勉強を教えるという明確な目的がありますが、それとともに一個人としての私が開かれてあることを求められているかのような気持ちになります。

ひとがひとと向き合うとき、そこに場所がうまれます。お互いが素直に耳を澄ませ、開かれていけば、真っ白な紙に絵を描くように、新鮮に生きることができるはずです。

上の絵は、5歳の娘が描いたものです。描かれているのは父である私です。
私が出かける時に涙目で足にしがみついてきたり、帰ってきたらとびはねて喜んでくれたり、……こうしたことが、私が外に出てはたらき、開かれた場所へと向かうことに、勇気を与えてくれる気がしています。

(宮井)



スポンサーサイト

プロフィール

はなさくなごみ

Author:はなさくなごみ
はなさく和み会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちは、NPO法人エッセンスクラブの「ピア・サポーター研修」受講生の中で、コミュニティ・カフェを開きたいという想いをもった仲間で結成した会です。
かつてエッセンスクラブの「癒し茶屋」で癒され、前に進もうと活動してきたメンバー、そんな人たちを支えたいとピア・サポーター講座で学んできたメンバーが、力を合わせて運営していきます。
主に富山市の「サンシップとやま」で、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方たちを支援する方の憩いと集いの場「なごみちゃや」を開いています。

どこかに出かけたいな、と思った時に、気軽に立ち寄っていただけるよう、和やかな場を創っていきたいと思います。
ぜひ、「なごみちゃや」においでくださいませ。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。