なごみちゃや日記
はなさく和み会では、サンシップとやまで、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方達を支援する方の憩いと集いの場=コミュニティ・カフェ「なごみちゃや」を開いています。「なごみちゃや」で、ゆったり、のんびり、ほっこり… ぜひおいでくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上は、「春の気配」のお題をもとに描いた私の作品です。
あっという間に日々は過ぎていきましたが、自分が予感していたものが、どれだけ実現されていったのかを顧みると、忸怩たるものがあります。

流れのさなかにある魚を、注意深く見つけたのに、この手にはなかなかつかめない、もどかしさ……。
また、一見平静なものと見えていた心持ちの内に、さっとよぎっていく影の部分。

しかしまた、それも人が生きていくことの一面であるようです。
自分の娘だけでなく、生徒さんたちと接していると、若い生命は天使そのもののように思えます。しかし彼らはこの世界に生まれた以上は「人となる」ことが求められます。
純粋さは、この世界に歩みだした途端に、汚濁と矛盾と葛藤のなかにさらされます。その中で「人となる」ためには、苦しみや汚れを避けるのではなく、むしろ正しく向き合うことで、その純粋な輝きが曇らぬようにしなければなりません。

一生涯かけて、樹木のように豊かな「人となり」が育まれた時、幹や根がよそ目にはどれだけ傷つき汚れているように見えても、より天に近い高みに花を咲かせ、実を結ぶことでしょう。

ある種の植物では、当たり前のように花が咲くのではなく、少し厳しい環境に置かれた方が盛んに咲くのだと聞いたことがあります。「咲く」は、護ってくれる蕾を「裂く」ことでもあります。
その痛みのために、花はあのように美しいのです。

(宮井)
スポンサーサイト

プロフィール

はなさくなごみ

Author:はなさくなごみ
はなさく和み会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちは、NPO法人エッセンスクラブの「ピア・サポーター研修」受講生の中で、コミュニティ・カフェを開きたいという想いをもった仲間で結成した会です。
かつてエッセンスクラブの「癒し茶屋」で癒され、前に進もうと活動してきたメンバー、そんな人たちを支えたいとピア・サポーター講座で学んできたメンバーが、力を合わせて運営していきます。
主に富山市の「サンシップとやま」で、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方たちを支援する方の憩いと集いの場「なごみちゃや」を開いています。

どこかに出かけたいな、と思った時に、気軽に立ち寄っていただけるよう、和やかな場を創っていきたいと思います。
ぜひ、「なごみちゃや」においでくださいませ。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。