なごみちゃや日記
はなさく和み会では、サンシップとやまで、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方達を支援する方の憩いと集いの場=コミュニティ・カフェ「なごみちゃや」を開いています。「なごみちゃや」で、ゆったり、のんびり、ほっこり… ぜひおいでくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/20のクリスマスパーティーですが、開始はだいたい午後1時ごろにしようかと思っております。(「なごみちゃや」としては10:00からやりますので、パーティーより先に来て頂いてももちろん構いません。)皆さんといっしょにお菓子(ケーキ?!)を食べながら、ゆったりとした時間を過ごしましょう。
毎年恒例の「漢字1字で今年を振り返り、来年への想いを語る」。皆さんがどんな漢字を選ばれるか、楽しみです。
当日アポなしのご来場も大歓迎ですが、その場合にはお菓子が行き渡らないこともあることを、ご了承いただきたいと思います。

今年の私は、おかげさまで多くの生徒さんを担当させて頂いていて、かつてない多忙さです。……でもさすがに最近は疲れが溜まって来ているようです。
漢字で例えば「歓迎」と書いた時、妙な違和感に襲われ、自分が書いた文字に現実味が感じられなくなっていました。
また英語で remember が出てこなくて、remberと書いて生徒さんに指摘されました (゚o゚; Oh, My God !
rember でも違和感充分なのですが、さらに正しいrememberを自分の手で書いた時も、何かすごい非現実感にとらわれました。
記憶ということを、私は頭脳の中の出来事ではなく、表現レベルのこととして考えていました。「覚え込んでいる」ことよりも、「思い出して書ける」ことが重要なのだと。
そして表現は常に「何かある一つの全体性を目指す」ものですから、英単語や漢字などは、それだけ取り出してみると、(特に疲れているとき)バラバラになったパズルのピースのように思えるのでしょう。

現実に学校でなされている事は、全体をまず個々のものに分解して、それを覚え込むことです。それはもちろん必要なことですが、どうも「バラバラにほぐす」ことばかりが強調されていないかな、と思ってしまいます。分解されたものは、まずは最初のものを再現するために、やがてはまた違った新しいひとつの全体を作るために、使われなければ意味がありません。

私たちの生命もまた、地球の大きな生命全体の奔流の一滴としてあるとともに、その一滴一滴なしではその全体性は有り得なくなるという面も持ちます。
そして、ちょうど窓ガラスの水滴が自ずと集まろうと志向するように、本来、一つの言葉は他の言葉を呼び出し、新しい一つの文を産み出そうとするものです。
これは私たちの学習だけでなく、私たちの生涯についての比喩になっているのではないでしょうか。

(宮井)
スポンサーサイト
今日は家族3人で富山情報ビルへ。
私はピアサポーター育成セミナーの記録係。久々に参加して、志の高い方々の熱気をひしひしと感じています。
夏休みももうすぐ終わり。
皆さんのご健康をお祈り申し上げます。

(宮井)
長らく更新が滞っており、失礼しております。多忙な日々で、また少し疲れが出てきました。
受験生の皆さん同様、あともう少しの期間、精一杯頑張ります(^_^)
「なごみちゃや」の活動は、本来は私が主人公のものではありません。私たちは、そばにおられる方それぞれが、ひとつのかけがえのない生命の舞台の、主役を担っておられることに気付いていただくために、ともに居たいと思っております。
とは言え、私自身が新しい出会いによって成長したいと思っておりますので、11/8に参加できなかったのは残念でした。同じ黒部市のスタッフHさんから、おおまかに11/8のことを伺いました。来てくださった皆さんへ、心から感謝しております。



あっという間に明日は退院です。わずか1週間の病院生活でしたが、いろいろな看護士さんとお話しすることができました。同じ点滴でも、人が替われば違う点滴のようですし、就寝前の呼びかけも、いろんな声と言葉があるのが新鮮でした。
同じ「看護」の役割でありながら、それぞれの方が、その役割に少しずつ違う彩りを添えていかれる……。そう考えると、理由もなく何か大きな安心の中に包まれている心地がします。

(宮井)
2ヵ月前ほどから、何人かの方からお問い合わせを頂いて、ようやく明日久しぶりの開催となりました。
スタッフだけでなく、未知の方との出会いも心待ちにしていたのですが、私は皮膚炎の悪化のため1週間の入院が必要となりました。
私個人としてはまことに残念ですが、「なごみちゃや」は予定通り開催いたします。どうぞお気軽にお立ち寄りください。



生まれて初めて点滴を受けたり、(実際は全然歩けないわけではないのに)車椅子に乗って院内を移動するなど……。
そう、確かに無理をしようと思えばできるのだけど、そこでちゃんと自重し、どうでもいいところでは意地を張ったりしない、そういう事をすっかり忘れていたものです。

いろいろな生活上の刺激が少ない病院だと、気持ちがシンプルに落ち着けそうです。
せっかくの機会ですから、本をたくさん読もうかと思います(^_^;)

(宮井)

プロフィール

はなさくなごみ

Author:はなさくなごみ
はなさく和み会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちは、NPO法人エッセンスクラブの「ピア・サポーター研修」受講生の中で、コミュニティ・カフェを開きたいという想いをもった仲間で結成した会です。
かつてエッセンスクラブの「癒し茶屋」で癒され、前に進もうと活動してきたメンバー、そんな人たちを支えたいとピア・サポーター講座で学んできたメンバーが、力を合わせて運営していきます。
主に富山市の「サンシップとやま」で、うつ病寛解を目指す方、そのご家族、その方たちを支援する方の憩いと集いの場「なごみちゃや」を開いています。

どこかに出かけたいな、と思った時に、気軽に立ち寄っていただけるよう、和やかな場を創っていきたいと思います。
ぜひ、「なごみちゃや」においでくださいませ。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。